交通事故の怖さ

どれだけ気をつけていても、外を歩いていたり、車を運転している限り、誰もが交通事故を起こす可能性も、被害に遭う可能性もあります。
交通事故を起こす、というと自動車を運転している人だけが交通事故を起こさないよう気をつければ良いと思われがちですが、そんなことはありません。
最近でも、こどもが運転する自転車と歩行者の女性が衝突した事故で、歩行者が意識が戻らず寝たきりの状態になったという事故もありました。
バイクや自転車でも交通事故を起こす可能性はありますし、その被害も軽症では済まず被害者の人生を奪いかねない事故になることもあるのです。
どんな人でも加害者になってしまう危険性を持っているのです。

事故が起きてからでは保険に入ることができません。
十分な慰謝料を支払いたいと思っても、相手の請求額を自分では用意できないこともあります。
車を所持したら、自賠責保険に入ることが義務付けられていますが、きちんとその保険内容を確認しておかなければ事故のときにまったく役に立たない可能性もあります。

そこで、ここでは交通事故の被害者になった場合、そして加害者になった場合にとるべき行動、そして事故が起こった時に警察や保険会社はどのようなことをしてくれるのかといった交通事故の基本について紹介をしていきます。
交通事故の被害者や加害者にならないことが最も望ましいですが、万が一どちらかになってしまった時に適切に行動ができるよう、事故を起こす前にきちんと勉強しておきましょう。

Copyright © 2014 交通事故の基本を知ろう All Rights Reserved.